Kvadrat A conversation with Rikako Nagashima

オフセット印刷の行程で出る廃棄物「ヤレ紙」(印刷の際に見当合わせや色調整で使用する用紙のことで、印刷機の無駄なインクを吸い取ったりするための紙)の、偶然できる汚れや不規則な模様を活用して、新しい命を与えたカーテンコレクションです。グラフィックデザイナーの長嶋りかこさん自身に、着想から制作の工程、ミラノサローネでの発表に至るまでをお話頂きました。 本製品はリサイクル可能な再生ポリエステルを使用して特別に開発されたテキスタイルをベースに構成され、ヤレ紙に偶発的に印刷されたグラフィカルで美しい色を抽出し、魅力的なリズムのあるデジタル印刷のカーテンコレクションへと生まれ変わらせています。

Rikako Nagashima and Kinnasand LAB are debuting a new curtain collection titled, “SCRAP_CMYK”,
with a pattern design inspired by the accidental ink stains that occur in a printing process.
The collection will be part of the installation “SCRAP AND REPRINT” which will be on show at Salone del Mobile 2019.
Client

Kvadrat, How

Project Date

2019

Category

Branding, PR

View Project
kvadrat.jp

Creative Direction: qomunelab co.,ltd.
Director: Takahiro Aoki / Qml co.,ltd.
Cinematographer: Shinya Kitamura / Qml co.,ltd.
Telops Design: Yusaku Kawamura / Qml co.,ltd.

GET IN TOUCH

Call me at 03-6447-7390 or
Email me at info@qomunelab.com
Google Maps

Copyright qomunelab co.,ltd.